車を高く売るには車買取実績NO1おすすめサイト

車を高く売るには車買取実績NO1おすすめサイトで、買取査定を参考にされると売却予定の買取相場も分かるので車買取一括査定を利用されると良いですよ。

*

車検を受けた後の故障

   

車検を受けた後の故障って何処に責任が有るのでしょう

一言で車検を説明すると、56項目をチェックする整備と

自賠責保険の更新、重量税の納付の諸費用を含めた24ヶ月点検です

 

 

言葉って難しいですね、車検整備をするには

ディーラーや整備工場に頼む方法や

陸運支局に自分で検査に持って行く方法など

色んな方法で、車検証有効期限の延長をします

 

一般で言う「車検を受ける」方法は、必ず重量税の納付と

自賠責保険の更新は付いてきます、自分で受けても整備工場に出したとしてもです

車を使うには、必ず必要な車検は必ず56項目をチェックしなければ成りません

 

自分で「車検を受ける」のにも、前点検や後点検は実施しないといけません

法律上には、陸運支局の車両点検を実施して、何も問題なければ

車検は合格となって、車検証の有効期限が延長されます

 

そこが問題なんですよ、それは陸運支局での合格後に

点検整備を実施してないユーザー車検などです

点検整備は、必ず実施しないといけないけど

それをしなくても車検は合格するのです

 

そうなると、「車検を受ける」のも、整備工場で車検点検を実施したのと

車検整備を実施してないユーザー車検の車が、行動を一緒に走行してる点です

もしも双方が事故を起こしても、車検整備を実施して無くても

罰則は同じです、整備してない車を行動で使うのはどうでしょうか?

 

危険行為と言っても良いのではとおもいます

それに、車検後の故障も整備工場での点検実施なら

保証も付いてる場合が多いです、だけどユーザー車検は

保証もないし、危険な車なんですよね

 

車の買取査定も、整備工場やディーラーでの車検の方が

高値が付くと思います、それは仕入れた車の整備金額が変わるからです

後々の事を考えると、56項目をチェックを受けた車検を実施しましょう。

 

 - 車を高く売るため, 車検 , ,