車を高く売るには車買取実績NO1おすすめサイト

車を高く売るには車買取実績NO1おすすめサイトで、買取査定を参考にされると売却予定の買取相場も分かるので車買取一括査定を利用されると良いですよ。

*

アイサイトで事故が少なく成ってます

   

アイサイトって、追突事故を軽減できる装置です

車メイカー各社で、呼び方は違いますし

作動方法や感知機能も違います

一般的にアイサイトって呼んでますけど、違いが結構有ります。

 

この、自動ブレーキシステム、追突事故軽減装置で

実際に追突事故が少なく成ってる記事が有ります

 日本に於ける自動ブレーキの効果を示す始めてのデータが発表された。数字を見て驚く! 何と1万台あたりの事故率で見ると、データの母体数として最も信頼できる事故総件数で61%も減少している。なかでも突出しているのは追突事故で、非装着車の場合、1万台あたり56件に対し装着車9件と84%の減少率となった。

 

 

此の記事では、自動ブレーキが如何に優れてるか伝わってきます

今までうっかりでの追突事故が、多かったのも解りますね。

 

それだけ、運転に集中してそうで、チョットのスキが出来るのです

このスキを、カバーしてくれるのが、アイサイトを始めとする

自動ブレーキシステム、衝突軽減システムなんです。

 

最近では、トラックにも装着されてるのも出てきてますね

トラックも、高速道路等の渋滞道路は、追突が多いですからね。

 

安全装置は、装着されてた方が良いです

事故は誰しも起こしたくないです、事故はゼロが良いですからね。

 

しかし、安全装置の過信はいけません

自動ブレーキシステムも、速度が遅い時には有効です

恐らく、時速30Km(各メーカーで違います)以下までなら作動するでしょう

それに、ドライバーがハンドル操作をしないや

ブレーキ操作をしてない等の作動条件と成ります

 

ドライバーが、障害物に気づかないのが、作動条件です

運転操作をしてない、居眠りしてる状態で作動します

この辺りも、車の取扱説明書に明記されてますので、確認が必要です。

 

自動ブレーキも、画期的な装置です

最近は、レーンをはみ出しても警告するのや

自動で前の車を、追跡するシステムも有りますね。

 

数年後には、電気自動車が主流に成って来るでしょう

電気自動車じゃなくても、ハイブリットが大半を占めてくるでしょう

それに、自動運転車も販売に成るでしょうね。

 

自動車産業は明るい未来と成って行くでしょうか

若者のクルマ離れに、歯止めが効けば良いでしょうね

人口減少も近い将来やって来るし、考えたら明るく無いかもw

 

しかし、自動運転は重宝されますね

高齢者社会には、自動運転がマッチしますからね。

 - 事故車買取 , ,